fc2ブログ

8/13(木)今日のバーボン:最高のブラントン!

PICT0705.jpg PICT0703.jpg PICT0706.jpg

人気ブログランキングに参加中です。ゲストの皆さん、よろしければ投票をお願いします!
 まずは投票のために下記のバナーを
それぞれ1クリックお願いします。
               にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ banner2.gif
            押していただいたら、また戻ってきてくださいね!

今日は久しぶりに大宮の「ファイブ」へ行きました。
前回の訪問は10月の上旬だったので、かれこれ10ヶ月ぶりの訪問となりました。
ちょうど明日から長野へ行く予定があるため、昨年のお盆と同様に近くにホテルを予約したので、時間を気にせず飲めるのです。
お店に内装が変わり、カウンターに置かれていたボトルは新しいバックバーに収納され、すっきりしていました。ただ、相変わらずボトルの数は凄く、マニアックな銘柄がまだまだいっぱいあるのは嬉しい限り。毎度の事ながら、色々飲みたいものがありすぎて悩んでしまいますが、とりあえず気になったものから飲み始めた。

今日のバーボンは・・・

●HEAVEN HILL ORIGINAL BARREL 8yo OLD BOTTLE 107P 
 (ヘブンヒル・オリジナルバレル8年 特級 107P)
ボトルを見て懐かしくなりオーダー。この時代のボトルはやはり8年でも十分にうまい!80年代のヘブンヒルらしい力強い味わいに満足。まろやかなコクもあり、飲み応えもあり、お気に入り。8年以外にも5年と12年もあり、年数に関係なく、どれも美味しく、特に5年は美味しく、一番のお気に入り。復刻版で12年が発売されたが、やはり全く味わいは違っていた。やはり、古いボトルがお勧めです。

●JAZZ CLUB 15yo OLD BOTTLE 114P ※写真左
 (ジャズクラブ15年 特級 114P)
同じく、懐かしくなりオーダー。このブログの記事でも紹介したことはありますが、これは私の大好きなボトル。濃厚なコクと甘さそしてパンチある酒質で非常に飲み応えがある。原酒は70年代後半頃に蒸留されたものと思うが、ボトリングが80年代後半から90年代初頭のヘブンヒルの15年物は当たりが多い。その中でも特にインパンクとを受けたボトルの中のひとつです。

●BLANTON SINGLE BARREL 1985 93P ※写真中
 (ブラントン・シングル・バレル 1985年 93P)
私が興味を持っていたのと久しぶりの訪問ということで、マスターがわざわざ開封してくれました。1985年ボトリングのブラントンで日本に初めて入ってきた年のボトルと思われる(本国アメリカでは1984年)。コルクを開けただけで甘く素晴らしい香りが漂ってくる。そしていざ、味わうが、これがまた素晴らしい!まろやかなコク、フルーティーで深い甘さ、程よい辛さ、後からミルクチョコレートのようないい甘さがじわりと出てきて、しばらく下に伝わる。この伸びやかな甘みが特に素晴らしい。余韻も長く、とても美味しい味わい。思わず声を出して唸ってしまい。その後は自然と顔がほころんでしまうくらい、素晴らしい味。私はブラトンはあまり好きな方ではなかったが、これは別格。今、出回っている(もっと言えば、ここ10年くらいの物)物とは大違い。いや~久しぶりに素晴らしい味を堪能できました。

●OLD COMMONWEALTH 10yo 107P ※写真右
 (オールド・コモンウェルス10年 107P)
すでにブラントンを味わっていましたが、どうしても飲みたくなったのがこの銘柄。これを味わうのも7年ぶりくらいになる。スティツェルウエラー蒸留のフィッツジェラルド原酒を使ったボトル。フルーティーでややピリッとした辛さがあり、これもまた美味しい味わい。パピーヴァン・ウィンクル20年などもそうだが、やはり、フィッツジェラルド原酒は私の好みによく合う。でも、このボトルはほんと貴重になった。私がバーボンを飲み始めの頃は酒屋にゴロゴロあったのに・・・「あのとき買っておけばよかった・・・」と思わず後悔してしまう美味しい銘柄だ。

この日はバーボン以外にも90年代初頭のラフロイグ、80年代のボウモア、そしてマスターのご好意で味見させていただいた70年代のピュアモルト北海道など、もうこれでもかというくらい美味しいウィスキー三昧の夜でした。マスターともお話をしましたが、こういう時代のウィスキーは本当に良い味をしていたな~としみじみ実感した夜でした。

※大宮「FIVE」
FIVE


スポンサーサイト



| trackback:0 | commnet:2 | ▲ PAGE TOP |

8/11(火)今日のバーボン:懐かしのジョニードラム15年

Image041.jpg

人気ブログランキングに参加中です。ゲストの皆さん、よろしければ投票をお願いします!
 まずは投票のために下記のバナーを
それぞれ1クリックお願いします。
               にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ banner2.gif
            押していただいたら、また戻ってきてくださいね!

今日は久しぶりに中野の「ジョージアムーン」へ行きました。
前回の訪問は12月の上旬だったので、かれこれ8ヶ月ぶりの訪問となった。
きっと昨今のモルトブームでバーボンの数がぐっと少なくなっているんだろうな・・・と思っていたのですが、意外なことに見た感じバックバーは殆どバーボンでした。まあ、古いものがそのまま残っている感じでしたが、バーボンファンとしては嬉しい限りです。
最初にマンハッタンを飲み、最後の締めでバーボンを飲むことにした。

今日のバーボンは・・・

●JOHNNY DRUM 15yo 101P ※写真
 (ジョニー・ドラム15年 101P)
なんとなくロックで飲みたい気分で、オールドウエラー7年と迷ったのですが、なんとなくこっちにしてみました。15年物のヘブンヒル原酒らしく、濃厚で焦げた樽香も感じも良く、中々美味しい味わい。さすがにロックだと最後のほうは水っぽくなってしまうのだが、バーでサクッとバーボンをロックで飲むのもいいものです。ふと、この時思ったのは「はて?この銘柄を最後に飲んだのはいつだったっけ・・・?」。思い出してみると、ちょうど私がバーボンを飲み始めた頃に一度だけだったのです。かれこれ7年ぶりの再会。今度はストレートでじっくり味わおうと思いました。

よ~く店内を見渡してみると、新しく入っているものもあり、米国でしか買えないエヴァンのボンデッドなど、かなりマニアックなボトルもあるので、私としては会社近くにバーボンが飲めるバーがあるのはありがたい限りでした。

※中野「ジョージアムーン」
ジョージアムーン

| trackback:0 | commnet:0 | ▲ PAGE TOP |

8/8(土)今日のバーボン:”家呑み”でフィッツを味わう

PICT0697.jpg

人気ブログランキングに参加中です。ゲストの皆さん、よろしければ投票をお願いします!
 まずは投票のために下記のバナーを
それぞれ1クリックお願いします。
               にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ banner2.gif
            押していただいたら、また戻ってきてくださいね!

今日は自宅でバーボンを味わうことに。
というのも、先日久ぶりにオークションで落札したバーボンが届いたからです。
そのバーボンは私のお気に入り銘柄のひとつ「オールド・フィッツジェラルド・ボンデッド」です。
ボトリングは1993年なので、今から16年前のボトルです。
さて、そのお味はいかに・・・

今日のバーボンは・・・

OLD FITZGERALD BIB 100P ※写真
 (オールド・フィッツジェラルド・ボンデッド 100P)
現在はヘブンヒルに販売権が移っていますが、これは1993年のボトリングなので、1980年代後半に蒸留されたスティッツェルウェラー原酒です。開封してまもなくのせいか最初は酒質が堅い感じで、ややドライ。そのため、しばらくグラスに入れたままにして、その後味わってみると、まろやかになり、とても美味しい。香りも華やかで、甘い香りが広がってきます。まろやかになコクと濃い甘みがじわりと口に広がってきます。やはり、スティッツェルウェラー原酒は私の口に合うようで、落札して正解でした!

バーで飲む方が良い意味での緊張感もあり、貴重なボトルを飲む場合などは基本的に私はバーで飲むことにしています。ただ、最近は高級ではなく、且つ、好きな銘柄は自宅に2本くらいは常備し、寝る前のひと時にゆっくり味わうことも増えてきました。バーもいいですが、”家呑み”も良いものです。

| trackback:0 | commnet:0 | ▲ PAGE TOP |

8/1(土)今日のバーボン:バナナバー再び

VFSH0073.jpg

人気ブログランキングに参加中です。ゲストの皆さん、よろしければ投票をお願いします!
 まずは投票のために下記のバナーを
それぞれ1クリックお願いします。
               にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ banner2.gif
            押していただいたら、また戻ってきてくださいね!

今日は会社の後輩と共に久しぶりにに明大前の「バナナバー」へ行きました。
昨年9月に行って以来なので、かれこれ1年近くブランクが空いてしまいました。
「時が経つのは早いな~」などと思いながら、店の扉を開けました。
今日は一人飲みでないため、最初はモルトを2杯を飲み、最後の締めでバーボンを注文!

今日のバーボンは・・・

MARTIN MILLS 24yo 107P ※写真
 (マーティン・ミルズ24年 107P)
私のお気に入りの銘柄のひとつ。ヘブンヒル原酒らしい濃厚でパワフルな味わいで、とても美味しい。1974年蒸留、1999年ボトリングで、私がバーボンを飲み始めたときはそれほどレアなボトルではなかったのですが、発売から10年近くもなるとかなり貴重なボトルです。しかも、値段も高騰しています。そんなマーティンミルズもここだと都内の他のバーの半値程度で飲めてしまうのがなにより嬉しい限りです。久々に味わうマーティンをじっくり堪能しました。

この「バナナバー」はブログでも何度か登場していますが、さすがに年を追うごとにマニアックなバーボンが少なくなっています。バーボンファンとしてはちょっと残念ですが、まだまだ貴重なボトルがあり、しかも安いというのが、貧乏サラリーマンにはありがたい限り!
ここにある貴重なバーボンを全部飲み干したいと思いました(笑)

※明大前「バナナバー」
バナナバー

| trackback:0 | commnet:0 | ▲ PAGE TOP |

7/4(土)今日のバーボン:世紀を超えた幻のライウィスキー!

ジムビーム サニー ライ

人気ブログランキングに参加中です。ゲストの皆さん、よろしければ投票をお願いします!
 まずは投票のために下記のバナーを
それぞれ1クリックお願いします。
               にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ banner2.gif
            押していただいたら、また戻ってきてくださいね!

今日は銀座の「ShotoBar BOURBON」の2周年記念。その目玉のボトルとして1890年代のライウィスキーが飲めるという。昨年10月、96年前に蒸留されたバーボンをいただいたが、それよりさらに古く、しかも1890年代という世紀を超えたボトル!私もそんな古いウィスキーは飲んだことないので、ワクワク気分で店の扉を開けました。。。

今日のバーボンは・・・

●JIM BEAM SMALL BATCH 80P ※写真左
 (ジム・ビーム・スモールバッチ 80P)
目玉のライウィスキーを味わう前にまずはこの一杯!ということで、勧められたのがこのボトル。香りはフルーティーで清涼感のある甘さ。レモンピールやダージリンティーのような感じも出る。口当たりはまろやかで、ハチミツのような甘さが出る。後味にやや生臭い感じも出るが、全体的なバランスも良く、普通に美味しいと思える味わい。正直、ジムビームというのが意外だし、こんな味が出せるのかと思うと、見直した。やれば出来るんじゃない!

●SUNNY BROOK OLD BOTTLE 1970s 80P ※写真中
 (サニーブルック 特級 1970年代 80P)
1970年代のサニーブルック。原酒はサニーブルック蒸留所時代のもの。香りはフルーティーで、やや熟した果実の甘さ。口当たりはすっきりめだが、中盤からフィニッシュにかけて甘さが増していく。フルーティーさからメープルシロップのような濃い甘さ。全体的にバランスが良いが、後味は意外とドライ。飲みやすいし、この時代のボトルは普通に美味しく飲める。

そして、最後のボトル。これが世紀を超えてついに開封された1890年代のライウィスキーだ・・・

●SUNNY BROOK RYE OLD BOTTLE 1890s 100P ※写真右
 (サニーブルック・ライ 1890年代 100P)
ボトル自体には具体的に年数を示す表記は無いのだが、1896年に制定されたボトルド・イン・ボンド法の示す封帯が無いことと、ラベルに記載されている販売会社「BOHEMIAN LIQOUR CO.,」が1892年に購入していることを考えると、1892年~1896年頃のボトルと推測される。まあ、それにしても古いボトル、襟を正していざ、味わうことにした。香りは芳醇な甘さ、ややアルコール臭を感じる。口当たりはややすっきりしているが、すぐに芳醇で深い甘さと苦味のあるほど良い辛さが伝わってくる。甘さは段々増してくる。ビターチョコレート、砂糖を入れたエスプレッソ。ライウィスキーだけに苦味もあるが、酒質はかなり良く、110年以上も前の酒とは思えない。長い年月をボトルの中で生き続け、とてもよい状態でついに味わえることが出来た。美味しいということ以前に、この世紀を超えて生き続けたボトルに敬意を表したい気分だった。

ちょうど今日はブルボンのマスターの誕生日でもあり、ダブルでめでたい日。
美味しいのバーボンと楽しいバーボン談義が出来る貴重なお店です。
バーボンファンとしてはこのお店は5年、10年とずっと続いていって欲しいと願います。
そんな自分もいっぱい飲みにいかないといけないな・・・とちょっと反省した今日でした・・・

*銀座「ShotBar BOURBON」
ここに行けば今回紹介したボトルやその他のレアボトルにいっぱい出会えますよ!
ShotBar BOURBON

| trackback:0 | commnet:2 | ▲ PAGE TOP |
 | ホーム |  次ページ

プロフィール

ランドルフ

Author:ランドルフ
当サイトにアクセスありがとうございます。バーボンウィスキーにはまって以来、飲みに飲み続けて早6年。取り続けたテイスティングメモの数が800種類を突破しました。良くも悪くも凝り性のため、世界中に出た全てのバーボンを味わうことを目指しています。同じウィスキーでもバーボンは下火傾向ですが、スコッチやシングルモルトに負けないくらい魅力があります。そんなバーボンの魅力を皆さんにお伝えしたいと思います。

※ハンドル名は私の大好きなバーボン「コロネル・ランドルフ16年」から由来しています。

※バーボンそしてウィスキー好きの方、もしよろしければ何かコメントやトラックバックを是非残してください。

※当サイト内の画像・文章等は著作権法で保護されています。当サイトの文章及び写真、コピーの無断複写 ・転載などを禁じます。複写・転載を希望される方はお問い合わせください。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター